Eco-Navi研究所〜
セルフガイド(ノンパーソナルインタープリテーション)企画〜

Institute of Ecological Navigation ~interpretive Planning and Design~

Eco-Navi研究所では、環境教育に関する教材を活用したプログラムの
プランニング・デザイン・実施・評価・人材育成を行います。

※(セルフガイドシート、展示物、WEBサイト、センスプロダクトなど)

基本的なワークフロー

調査・構想

施設やフィールドの実踏、キーパーソンへのヒアリング、文献等の基本情報の収集や、基礎となるポテンシャル調査を行います。また、調査から得られた情報を資料カード化して、情報を整理します。これらの成果物を基に情報の共有を行い、プログラムコンセプトを検討します。
※尚、情報の収集や蓄積がある場合は、調査を一部省くこともできます。

image

プログラム企画

前段階で作成した資料カード等の情報を基に、実施可能で、効果的な手法を選択し、客観的な資料を作成していきます。この過程を何度か踏みながら、コンセンサスをとり、プログラムの企画や立案、デザインコンセプトの確定等をしていきます。

image

デザイン/ 製作

確定したコンセプトに基づき、プログラム/デザイン展開を行い、コミュニケーションツールを製作します。研修やワークショップが必要な場合は、適宜実施していきます。評価やフィードバックが必要な場合は、体験者のリアクションや実施者の意見に基づき、プログラムの練り直しも行います。


コミュニケーションツールの種類

ツールとしては、リーフレット、展示物、デジタルコンテンツ、報告書、プロダクトなど様々な形態があります。
Eco-Navi研究所では、メッセージを伝えるためのプログラムとして機能するよう、これらのツール間の連携をとり、包括的にデザインします。

リーフレット・セルフガイドシート"

手軽に持ち帰ることができる紙媒体ならではの特徴を活かします。さらに「楽しむ」「集める」「読み返す」・・・記憶に刻まれるツールづくりがこだわりです。

展示物・サイン

ネイチャーセンターや博物館など施設型、自然公園や都市景観など屋外型といった場所を問わず、伝えたいモノを引立てるデザイン、インタラクティブ(双方向的)な視点がこだわりです。

Webサイト・デジタルコンテンツ

デジタルコンテンツの特長である間口の広さと奥深さを追求します。リーフレットや展示物との連動を含め、スマートでスタイリッシュなセンスがこだわりです。

プロダクト(センス プロダクト)

自然・文化の持つ知恵・叡知といった目には見えないメッセージを形に変えます。質感や素材、シンプルさがこだわりです。

レポート・ブックレット

環境レポート、事業レポートの他、メッセージ集やプログラムシートなどもオーダーメイドで提案します。内容を表す装丁や意匠がこだわりです。